読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX取引について

貴女のお金で直接外貨の売買をするのが「外貨銀行預金」であるのに対し、FXは「間接売買」という形に近いものだと思ってください。

一例を挙げれば、貴方の手元には100万円あるとします。

真っ先に、この100万円をFX専門家に預けておきます。

★いくつかのプロの予算を対比可能なWebページもあります。

また、「1万ドルを買ってください!」という感じで命令を出します。

この「1万ドル」、やっぱり誰のものなのでしょうか?貴方のものではないのですよね?貴女は命令を出しただけで、実のところに取引をしたのはFXプロですから、この1万ドルの所有者は「FXプロ」という事になります。

★いくつかのプロの予算を対比可能なWebページもあります。

その結果、利益が出れば、その利益分を貴方は受け取る事が可能ですし、反対にロスが出れば、預けてあったお金から引かれる事になります。

これがFXです。

f:id:twuruntwrun:20161203234152p:plain

FXを着手する上で不可欠なものは、以下の3点だけです。

1.PC(インターネット接続済み)についてこのところのFX取引は、ほとんどPCで行われるため、まずはインターネット環境の整ったPC必須です。

必然的にPCが準備できない方は、携帯電話でもOKなFXプロもあります。

2.FXの口座次に必須なのは「FX口座」です。

これがなければ何も始まりません。

近頃のFXプロでは、口座開設が無料のケースが多く、最短で1〜2日で開設可能なところもあります。

口座開設に不可欠な書類ですが、初めに「身分証明書」が不可欠です。

顔写真の入っているものにしておきましょう。

運転免許証があれば、それで十分ですよ。

また、取引中身によって異なるのですが、ケースによっては印鑑が不可欠になる時があります。

実印である不可欠はなく、銀行印でもOKなのですが、念のために準備しておいた方が良いかもしれません。

f:id:twuruntwrun:20161203234212p:plain

3.財源もちろんですが、「元金」を準備しておく必須がありますね。

たいていは10万円前後で取引を着手する人が多々あるのですが、FXエキスパートの中には1万円からでも始動可能なところがあるので、あまり多くの財源を集める必要はないと思ってください。

さて、「オンライン・元金・口座」が揃ったら、さっそく取引が出来ます。

FX取引は財産運用を目的としていますので、PCに不慣れな中高年の方でも可能なように、初期設定等を造作なくにしてあるんですよ。

他に不可欠なものといえば・・・「経済ニュースを整理たノート」や、「収支表を記入しているノート」などがあります。

ただしこれらは取引を開始してから不可欠になるものなので、不可欠に応じて不可欠なものをそろえていけば良いでしょう。