読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX取引のリスクとは

f:id:twuruntwrun:20161203234356p:plain

出資や取引には危険性がつきものです。

危険性のない出資や取引など影響しないと言ったほうが正しいかも知れません。

FX(外為取引)も例外ではないのです。

FX(外為取引)は、貯金型の金融アイテムではないのですから、もちろん、為替時価の変化危険性など、いくつかの危険性がある事を知っておかなければなりません。

もちろんFXには、元金サポートもなければ、長期運用による約定利率分もないのです。

レバレッジ(leverage)』を効かせて、証拠金(サポート金)の数倍〜数十倍の取引をするわけですから、利益も大きい分、損害も巨額になる事例だってあるのです。

むしろ大きな危険性を背負っていると認識した方が確かでしょう。

しかし、危険性要因を知っておく事によって、的確に対処してロスを最小限に食い止めることができるです。

『きっかけと対策』を知る事で、最終的な出資効率の向上につながっていくという事ですね。

FXとは、腹積もりられる危険性に対して、回避策や安心策を講じながら、最大限の利益を狙っていく究極の出資といえます。

では、FXの危険性要因を大きく分類してみましょう。

f:id:twuruntwrun:20161203234543p:plain

為替時価の移り変わりによる危険性為替時価は、短期間・ちょっとの間で激しく値動きがあったりもします。

自らが想定した値動きとは全く違う変化があれば損害を被る事になります。

特にレバレッジを最大限の25倍と高く設定している事例では、1円の値動きが数万円〜数十万円の損害につながってしまう事もあります。

為替変動による危険性を最小限にセーブするためには、出資家屋自分が許容可能な損害をあらかじめ設定して、証拠金とレバレッジの結びつきの適正化を立案する事です。

外為エキスパートでは、出資家屋の含み損が一定以上膨らむと警告を発します。

これを『マージンコール』といいますが、こうした危険性を最小限に食い止める安心装置とも言えます。

金利の移り変わりによる危険性FXのチャームポイントの一つに、『スワップ見所』というルールがあります。

造作なくに言うと、各国通貨の「利率差」を受け取る・支払う事です。

利率の低い通貨で利息の高い通貨を買った時、その利息差がもらえる仕組みです。

この利率差を得られる立場を持っている出資住宅にとっては、各国の金融方針による利率の移り変わりが、スワップポイントの損益率に直接係りする事は言うまでもないのですね。

FXは、こうした為替時価や各国の利率施策が、予想とは逆の変化を起こした事例、レバレッジを高くしているほど損害が多く、その危険性が高いといえます。

流動性の危険性買いたいのに買えない、売りたいのに売れない。

f:id:twuruntwrun:20161203234723p:plain

このように、取引したくても取引相手がいなくて、円滑なトレードができなくなる状況を「流動性の危険性」といいます。

流動性の低いステータスでは、対当する注文数が少なくなり、思ったレートで売買が成立しなかったり、スプレッドが普通よりも広がって取引要件が不利になります。

なお、外国為替市場において『取引制限措置』がとられたり、為替レートが提示されなくなったりと、新規注文や立場の決済ができなくなる事もあります。

俗には、メジャー通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、スイスフランなど)は、取引量の多く流動性が高い通貨として認識されています。

その反対に、取引量の少ない通貨(豪州・ドル(豪ドル)、ニュージーランド・ドル(NZドル)、南アフリカランドなど)は、流動性が低いマイナー通貨として区分されています。

つまり、流動性の危険性は、メジャー通貨は危険性が低く、マイナー通貨は危険性が高いというような習得でよいでしょう。

さらに、国内外において、政治・経済的な心もとないや金融の不安定、紛争やテロ、天災などによっては、為替市場の流動性が著しく低下する事があります。

体系障害の危険性FXは、インターネットを活用して、PCの画面上で売買注文するのがメインです。

PCの不調やインターネット回線のトラブルなど、オンライン環境にトラブルが生じたケース、その間の取引が出来なくなってしまします。

その間に為替が大きく動いて、利益機会を逃したとか、あるいは、損害を食い止められなかったというような危険性もあります。

こうした危険性を回避するには、一定以上の損失がでた事例、それ以上膨らませないための『ストップロス注文』が成果的です。

その上、FXの口座をいくつか専門家に持っておく事で、仕組みダウンが起きたとしても、取引環境は維持されます。

とはいっても、同じ仕組みを使用している異なる専門家への口座開設は避けるべきでしょう。

取引エキスパートは心配無用ですか?外為法が改正されたのは1998年。

これによって個人や会社が自由に外為取引する事ができるになりました。

一方、その頃の取引業者には零細な企業が影響し、倒産リスクを抱えたところも数多くあったようです。

2005年に「改正金融先物取引法」が成立し、財務基盤が脆弱な零細会社は減ったものの、預かり金を保全するなど、出資家保持の姿勢を取っていないエキスパートもありました。

このため、倒産したケースに証拠金が返還されない危険性がありました。

2007年10月には、エフエックス札幌が、預かった財産を適正に管理するように定めた「金融アイテム取引法」に違反し、巨額の損害を生じてさせたとして、業務停止命令を受け、破産しました。

クライアント(出資住宅)の償還要請を拒否しました。

FXエキスパートが倒産や破産した時の危険性を回避するためには、預け入れた「証拠金」がどんな感じで管理されているかが必須です。

2010年より、クライアントの財産をFXプロの財産と分別した上で第三者の信託銀行などに保管する事を義務付けました。

これによって、『信託保全』が執行されていない専門家にはペナルティが課される事になり、証拠金防護についての危険性が大きく低下しました。

FX専門家の倒産危険性については、証券企業系列や商社系列のエキスパートは、バックに資本力が大きい親会社が控えている時が多々あるので、確か度が比較的高いと予想されます。

 

 

リスクオフ時価の最中にはどれほどの取引が予想されるのか? リスクオフの時価は、リスクオン時価の反対だと心積もりて頂けるととても手っ取り早くに解釈する事ができます。

 俗には経済状況の心もとない原材料が露呈したり、米国の経済指標の悪化が公表される等により、世界中の出資家が「世の中はこのまま如何になってしまうんだ?」と言う心もとない感から、リスクのある通貨や株またはアイテム先物市場では原油を売って、安定した通貨である日本円や米国ドルそれに金を買う動きに出ます。

 しかし、リスクオンとオフで大きく違う点が1点あります。

 それは、リスクオフ時価はリスクオン時価に比較して明らかに速い動きを見せます。

ここで言う「速い」とは、値動きが非常は大きく速い事をニュアンスします。

それは、危険性のある通貨を持っている人は、経済に対する悪材料が出た時点で総て売り払ってしまうからです。

 その上、この売りは売りを呼び大きく時価が下落すると、投売り(SellingClimaxセリングクライマックス:局所の投資居宅はセリクラとも言う)と言う「損をしても良いから大損する前にどんだけの値段でも良いから売ってしまおう」と言う現象を引き起こします。

 自らの事で腹積もりてみれば、リスクオンとリスクオフでの買われ方売られ方の状況の差異は手間なくに習得可能なと考えます。

 例を挙げると、隣の奥さんから「あの法人の株、必ずに上がるらしいわよ!貴方も買っておけば?」なんて言われると、「そこまで言うのなら、お試しで100万円だけ」と言う具合に、「半信半疑ながら、ひとまず少しだけ乗ってみる」と言う動きを貴方はしませんか? では、もしも逆に、貴女はある法人の株を持っていて、隣の奥さんから「その法人、口コミ悪いわよ!潰れるって噂よ知らないの?」なんて言われたら、「それなら持っている二分の一だけ売ろうかな」となるでしょうか?常識的は持っている株を全部すぐさま売ってしまいますよね? これがリスクオンとリスクオフの動きの相違になります。

俗にはリスクオフではすぐに値が下がる性質にあるので、未経験者トレーダーの方は特に気を留めて売買を行って頂ければと考えます。

 

私がFXを着手すると危ういですか?の整理 現在までの「私がFXをとりかかると危ういですか?」の整理です。

FXはリスキーだがレバレッジ1では銀行の外貨銀行預金よりパフォーマンスの良い出資ができるFXは高いレバレッジになると危うい度が増すはじめは1000通貨からFXを味わってでみるのも有りFXの危険性は車の運転の危うい性と似ている。